大人になってからは厄介

白と黒の薬

一番ポピュラーな口唇ヘルペスは日本人の10人に1人がかかった経験があると言われていて、
症状が出ていないだけでヘルペスウイルスに感染している人を含めるともっと沢山の人がヘルペスになっていることになります。
20代~30代の約半数はヘルペスウイルスに感染していて、60代ともなるとほとんどの人が感染しているんだそうです。
ヘルペスは症状が出ていないだけでいつ感染してもおかしくない病気なんですね。
ヘルペスは潜伏感染という特徴を持っているので、一度感染すると神経細胞の中に潜伏している状態になります。
免疫力が落ちている症状が出てしまうので、疲れが溜まりやすく、
頻繁にヘルペスになってしまうという人はヘルペスの治療薬であるバルトレックスやバルシビルを常備しておくと安心です。
ヘルペスは大人だけではなく子供も発症する病気で、一度感染してしまうと免疫ができるので、
大人になってから再びヘルペスウイルスに感染しても比較的軽い症状で済みます。
しかし、中には子供のうちに感染していないため、免疫がなく、
大人になって初めて感染したために重い症状が現れる人もいます。
なんだか唇の端にピリピリとした違和感があると感じたら、それはヘルペスの前兆かもしれません。
次第に赤く腫れ、最終的に水ぶくれになってしまうので早めに薬を服用する必要があります。
バルトレックスやバルシビルは2、3回服用することでウイルスの繁殖を防いでくれます。